人間工場(漫画) – Wikipedia的解説

   


人間工場(漫画) – Wikipedia的解説

『人間工場(漫画)』は日本の漫画。作者は西屋仁紀
漫画アプリ・マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

第1回マンガボックス編集部杯大賞受賞作品。
基本的に1話完結型で進んでいく。
暗い展開かと思いきや、最終的にハッピーエンドで終わるパターンが多い。
なので、安心して読める作品。

物語

少子高齢化に伴う人口減少に歯止めをかけるべく、政府が人の手で人間を生み出す「人間製造計画」を発令した未来。
謎の少年・大嶽晃が工場長を務める「人間工場」には、日々多くの依頼人が訪れるが、命を扱うその場所では様々な問題が巻き起こり…!? 
そして、計画の裏で蠢く巨大な陰謀の影……。

スポンサードリンク

登場人物

大嶽 晃(おおたけ あきら)
大嶽工場という、国内最大で最初の人間工場の工場長。
語尾に「ス」をつけるのが口癖。
ちなみに工場の広さは東京ドーム1万個分

ヒロ
大嶽工場で働くエンジニア。
休み欲しさに抜け出そうとするが、高給に負けて働き続ける。
後先考えず、困っている人に親身になる癖がある。

磯原 洋介(いそはら ようすけ)
第1話に登場する若いサラリーマンの男性。
恋人欲しさから、友人のすすめで、人間工場を訪れる。

スポンサードリンク

人間工場の背景

・少子高齢に伴い、人間を工場で生産する「人間製造計画」がスタートする
・当初は出生率が上がるまでのつなぎであったが、発令後も出生率は変わらず、工場利用者は増える

製造物の特徴

・寿命が短い
・年を取らない
・生殖能力がない
・犯罪以外の目的なら好きに使って構わない

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的