DELETE〈デリート〉(漫画)- Wikipedia的解説

   


DELETE〈デリート〉(漫画)- Wikipedia的解説

『DELETE〈デリート〉(漫画)』は原作・川上真司、漫画・永田 諒 による日本の漫画。
ヤングマガジンにて連載。

スポンサードリンク

<関連記事>
DELETE〈デリート〉(漫画) –完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)・正体・黒幕解説

概要

囚人がいきなりサバイバル強いられる、非日常系サバイバル漫画。
単行本の合間には設定や武器について、詳細に書かれている。
各タイトルはカタカナで表記されている。

物語

ある時代の日本。ここでは受刑者が増え続け、刑務所に空きがない状態が続いていた。
そんな時、ある画期的な方法が試みられる。
それは、受刑者の命をかけたサバイバルを刑務と課すことであった。

北海道・根室刑務所。
全国から集う大量の受刑者たちの中、新たに収監されたひとりの青年・東杜雄(ヒガシモリオ)。
大切な人のため、荒くれ者たちが跋扈する過酷な生活を懸命に生き抜き、早く刑期を終えようとしていた。
だが、そんなある日、東は刑務所の移動を命じられる。
新しい刑務所で東を待ち受けていたのは、未来への希望を打ち砕く、あまりに非道で過酷な『刑務』だった。

スポンサードリンク

登場人物

主人公側の登場人物

東 杜雄(ヒガシモリオ)
本作品の主人公。
根室刑務所に収容された新人受刑者。
両親が既におらず、身内は妹のマリエのみ。
両親を殺され、その犯人を殺してしまい刑務所に収容される。
そのマリエの為に出来るだけ早い出所を望んでいる。
昔合気道をしており、その能力と冷静な判断力でサバイバルゲームを生き抜く。
出身は釧路。

神保 六郎(しんぼう ろくろう)
東より前にサバイバル刑務所にいる受刑者。
32歳。
サバイバル技術に優れ、周囲から頼りにされている。

松永 大介(まつなが だいすけ)
東より前にサバイバル刑務所にいる受刑者。
41歳。
東に何かと世話を焼く。

榎本 直美(えのもと なおみ)
東と同じタイミングで、サバイバル刑務所に移動させられた受刑者。
29歳。
最初のサバイバルで殺されてしまう。
銃を増田に奪われるが、東に分け与えられる。
罪状は保護責任者遺棄致死罪。
入籍中に合計8人の男性と浮気。そのうち3人とは妊娠中の出来事。
夫とは出産を待たずに離婚。出産後は赤ん坊を自宅に置き去りにし、1か月以上他所で生活していた。
服役中も刑務作業中に居眠りをしたり、他の受刑者の持ち物を無断で使用するなどトラブルを起こす。

増田 篤志(ますだ あつし)
東と同じタイミングで、サバイバル刑務所に移動させられた受刑者。
28歳。
最初のサバイバルで殺されてしまう。
榎本の銃を奪う。
罪状は強盗殺人罪。
ギャンブル依存症であり、それにより借金が膨らむ。
その後、飲食店に押し入り現金を強奪。居合わせた店員に暴行を加え、命を奪う。
服役中も刑務官の警棒を奪い、重傷を負わせる。

伊藤 義雄(いとう よしお)
東と同じタイミングで、サバイバル刑務所に移動させられた受刑者。
25歳。
最初のサバイバルで殺されてしまう。
罪状は通貨偽造・同行使罪。
アイドルオタクであり、そのアイドルの追っかけにかかる費用をねつ造していた。
服役中は刑務作業の規定時間を過ぎても「キリがよくない」と居残りしようとする。

野村 照義(のむら てるよし)
東と同じタイミングで、サバイバル刑務所に移動させられた受刑者。
28歳。
最初のサバイバルで殺されてしまう。
罪状は放火未遂など。
自宅付近のチェーン店で働く女性に交際を申し込むが、断られた腹いせに無言電話や放火をしようとするなど、迷惑行為を繰り返していた。
服役中も前触れなしに奇声を上げることが複数回あり。

敵側の登場人物

受刑者達の敵は、傭兵たち。
その傭兵はハイドリンクスという、世界を股に掛ける傭兵派遣の民間軍事会社。
傭兵をコントラクターと呼ぶ

ハートランド
ハイドリンクスの社長。
岩月所長とビジネス関係。

その他の登場人物

東 マリエ(ヒガシ マリエ)
杜雄の妹。
両親に続き、兄の杜雄までもいなくなり、辛い日常を送る。

岩月
根室刑務所の所長。
受刑者にはハゲ所長と陰口をたたかれている。
有意義に囚人を減らすかを考え、今回のサバイバル刑務所を思いつき、実行する。

大西(おおにし)
東と同じ、根室刑務所に収容されている受刑者。
新人の東に世話を焼く。

キタムラ
根室刑務所に収容された受刑者。
新人イジメの常習犯。
東に目を付け、東が刑務所を移るきっかけを作る。

サバイバル刑務所のルール

・制限時間は1時間
・刑務の参加人数は味方、敵7名ずつの計14名。
・14人中7名が死亡すると、刑期終了。
・人を一人殺すと、刑期が1年減る。その対象は敵だけでなく、味方も含まれる。
・所持品はスマートフォン内蔵グローブ、コンバットナイフ、コルトガバメント。
・フィールド内には他に強力な武器が置かれている。この武器は次回の刑務に引き継ぐことも可能。
・参加者が死亡すると、スマートフォンに通知が入る。
・スマートフォンで連絡を取り合うことも可能。
・刑務終了後は居住区で生活し、次の刑務を待つ。
 その中では、脱走以外は自由に過ごして良い。
・受刑者にはそれぞれ懸賞金がかけられており、倒すと傭兵はそれを貰える。

<関連記事>
DELETE〈デリート〉(漫画) –完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)・正体・黒幕解説

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的