二人のゼロジバ- Wikipedia的解説

      2017/09/03


二人のゼロジバ- Wikipedia的解説

『二人のゼロジバ』は裸村による日本の漫画。
マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

<裸村の作品>
穴殺人- Wikipedia的解説

概要

穴殺人で人気を博した裸村の次作品。
オカルトとサスペンスに恋愛が混じっており、ジャンルとしては穴殺人と近い。

物語

僕には好きな子がいた。伊藤真実。
彼女はその日も、猫の死骸を抱いて泣いていた。
殺したくなかったと泣いていた。生き返らせてあげたいと泣いていた…。
僕らには「秘密」がある。僕らは真実のお父さんのそろばん塾で、「そろばん以外のこと」も教わっていた。
その塾では、時々猫を殺した。蛙も殺した。決して、手を触れずに殺した。
僕らには「力」があると、真実のお父さんは言う。だけど、そんな力が何だって言うんだ。
お父さんから、この町から、こんな腐った世界から、逃げたいと真実は言った。
ああ、何も知らない無垢な子供だった頃に戻りたい。
真実がまだ、人間だった頃に…。


スポンサードリンク

登場人物

伊藤 真実(いとう まみ)
本作品の主人公。中学生。
容姿端麗だが、その行動により周囲から気味悪がれており、孤立している。
黒魔術をしているとの噂も立てられている。
創太に好意を寄せている。

時田 創太(ときた そうた)
真実と同じクラスで、真実の父が開いている超能力教室に通う男子生徒。
明るく、クラスのムードメーカーで人気者。
真実に好意を寄せている。
真実の父の事は先生と呼ぶ。
テレキネシスの能力をほぼ完ぺきに扱える。
スマホを持っていない。

真実の父
伊藤塾という特殊技能習得の塾を開いている。
その実態は超能力を研究・習得を目的としている。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的