異常者の愛(漫画)- Wikipedia的解説

      2017/05/13


異常者の愛(漫画)– Wikipedia的解説

『異常者の愛』は千田大輔による日本の漫画。
マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

マガジンスペシャルで「さよならトリガー」を連載していた、千田大輔の作品。
作風を変えて、今作はサスペンスホラー漫画になっている。
登場人物の氏名には頭に漢数字がつく。
個人的には主人公が高校生になっても、小学生の頃とあまり変わらなく見える。

物語

高校2年生の一之瀬一弥は友人もほとんどおらず、感情を抑えて高校生活を送っていた。
それは小学校時代に起きたある事件に起因するものであった。
その悪夢が再び、一之瀬の身に降りかかる。

スポンサードリンク

登場人物

一之瀬 一弥(いちのせ かずみ)
本作の主人公。
高校二年生。高校では美術部に所属。
小学生時代に二美香に好意を抱いており、三堂の告白への断り方が原因で、事件が起きてしまう。
その出来事から、感情を抑え込み、物事を楽しんだりしない性格になる。

二海 二美香(にいみ ふみか)
一ノ瀬の小学生時代の友人で、近所に住んでいた。
口では面倒くさがっていたが、本人も一ノ瀬に好意を抱いていた様子。
一ノ瀬の言葉を聞いた三堂により、カッターナイフで刺され、帰らぬ人となる。

三堂 三姫(みどう みき)
一ノ瀬の小学生時代の友人。
普段は暗いが、一ノ瀬と話すときは明るい。
一ノ瀬に好意を抱いており、告白をしたが断られる。
その時の断り方から、二美香をカッターナイフで殺害する。

四谷 四乃(よつや しの)
一ノ瀬の高校時代の友人。
一ノ瀬に好意を抱いており、度々一ノ瀬に接触を図る。
周囲からの人気は高い。

五条 五樹(ごじょう いつき)
一ノ瀬の唯一の高校の友人。
一ノ瀬に構う変人。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的