闘獣士 ベスティアリウス- Wikipedia的解説

   


闘獣士 ベスティアリウス- Wikipedia的解説

『闘獣士 ベスティアリウス 』は柿崎正澄による日本の漫画。
週刊少年サンデーにて連載。

スポンサードリンク

概要

圧倒的画力で紡ぐ、壮大な歴史スペクタクル漫画。
古代ローマを舞台にており、剣闘士として戦う人間の物語。
数話で一つの話が完結する形になっており、その話ごとの主人公が交代していく。
一部の登場人物は、複数の話に登場をする。

物語

AD70年。
ローマの勢いは止まらず、その勢力はヨーロッパ全土へと拡大していた。
そして、これまで共存していた亜人種や獣の土地すらも脅かしていた。

奴隷であるフィンは、闘技場で今日も命を賭けた闘いを繰り広げていた。
ある日、ドミティアヌス帝の策略により、自分の親代わりの存在であるデュランダルと戦うことになる。

スポンサードリンク

登場人物

フィン
闘技場で戦う、幼くして身寄りを失くした奴隷。19歳。
デュランダルから戦いの教えを受ける。
4歳の頃に父親が死に、デュランダルを親の様に思っている。

デュランダル
最後の翼竜族(ワイバーン)。
フィンに闘いを教える。
実はローマの侵攻に対抗した際、フィンの父親を殺している。

ドミティアヌス
ローマ帝国の第11代皇帝。
実在した人物。

ゼノ
ミノタウロスに育てられた少年。
剣闘士として活躍する。

タロス
ミノタウロスの子供。
ゼノの兄。
気弱で、戦いの才能がなく、食堂の配膳係をしている。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的