錻力のアーチスト–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)解説

   


スポンサードリンク

錻力のアーチストの最終巻は14巻になります。

関連記事
錻力のアーチスト- Wikipedia的解説

ネタバレ


神奈川県予選準決勝で、強豪・蔡理との激闘を制した桐湘は、神奈川県の絶対的王者・港南学院との決勝戦を迎える。
初回から港南学院は桐湘を圧倒。弐織 義壱のホームランなどで、1回表に4点を取る。
対する桐湘は港南学院の2年生エース・穂村を攻め1点を返すが、それ以降は追加点が奪えないまま試合は進む。
途中の雨により穂村は崩れかけるが、切り札のチェンジアップを使って立て直し、試合は3点差のまま9回ツーアウトになる。

何とかランナー2人を出し、バッターは清作。
穂村のチェンジアップを叩き、1人が返り2点差。
ここで迎えるバッターは4番の弐織敏。
インコース低めにコントロールされた穂村のストレートをフルスイング。
バックスクリーンにサヨナラホームランを叩き込んだ。

スポンサードリンク

後日談


神奈川県の代表になった桐湘高校。
だが、弐織敏は弐織義壱に、清作は弐織義壱・敏にまだ及ばないことを悟る。
そして、甲子園で最強のバッターの座を掴むことを誓い、物語は終わる。  

やっぱり絵もあった方が良い!
自分の目で最後まで知りたい!
という方は、下記の「ebook japan」で作品を探すのがオススメです。
※錻力のアーチストの最終巻は14巻になります。

関連記事
錻力のアーチスト- Wikipedia的解説

スポンサードリンク

 - 最終回・ラスト ネタバレ, 漫画wiki的