小林が可愛すぎてツライっ!!–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)解説

   


スポンサードリンク

小林が可愛すぎてツライっ!!の最終巻は19巻になります。

ネタバレ


2011年3月11日、東日本大震災が発生。
混乱の中、蒼は母親の雪姫と再会。
雪姫とその子供をかばって津波に巻き込まれる。
奇跡的に生きていた蒼であったが、自分を助けようとした雪姫が亡くなったことに責任を感じ、苦悩する。
そんな時に蒼は遠距離恋愛中であった愛と仙台で再会。
蒼が背負う十字架を共に背負っていこうと決めた愛に、蒼はプロポーズ。
愛はそれを受け入れ、18歳の花嫁に。

その4年後、愛と蒼の結婚式が開かれた。
幸せいっぱいで結婚式をする二人。
だが、蒼はまだ4年前の心の傷が癒えていなかった。
その蒼を慰める様に抱き着く愛。
そのまま、二人は初夜を迎え、その日愛の体に新たな命が宿る。

10か月後、愛は無事に女の子を出産。名前を芽吹と名付ける。

スポンサードリンク

最後


愛は大学在学中に漫画化としてデビュー。
月刊誌に連載している。

十と梓は徳川に入り、新入社員として研修中。
後に結婚し、一男一女を授かる。

紫乃は小説家としてデビューし、新人賞を受賞。
また、石田と結婚をする。
最後に、十が愛に変装していたとわかると、出なかった声を出し、十に感謝を伝える。

その7年後茜は成長した子供たちに絵本を読んでいた。
その絵本は作者・紫乃、絵・愛であった。
そして、その物語は蒼井がモデルだという事が判明し、物語は終わる。

やっぱり絵もあった方が良い!
自分の目で最後まで知りたい!
という方は、下記の「ebook japan」で作品を探すのがオススメです。
※小林が可愛すぎてツライっ!!の最終巻は19巻になります。

スポンサードリンク

 - 最終回・ラスト ネタバレ, 漫画wiki的