純愛ラビリンス(漫画) – Wikipedia的解説

   


純愛ラビリンス(漫画)- Wikipedia的解説

『純愛ラビリンス(漫画) 』はなかじ有紀による日本の漫画。
白泉社の花とゆめ、LINEマンガにて連載。

関連記事
純愛ラビリンス–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)解説

スポンサードリンク

概要

禁断の一つ屋根のしたラブストーリー。

物語

平々凡々な女子高生・荻原羽美(ウミ)。
幼い頃から大好きな3つ年上の兄・美斗(ハルト)は何と芸能人。
売り出し中の若手俳優である美斗のファン第一号を自負する羽美であったが、
ある日、収録現場で美斗のラブシーンを目撃してしまう。
大好きな兄が誰のものにもなってほしくない羽美は。。

スポンサードリンク

登場人物

荻原 羽美(おぎわら うみ)
本作の主人公。
平凡な女子高生。
兄である美斗が大好きで、ファン第1号を自負している。

荻原 美斗(ハルト)
羽美の兄。
芸能人で、売り出し中の若手俳優。
羽美と伶良が一緒にいるのを良く思わない。
実は羽美に妹以上の感情を抱いている。

ゾフィー
羽美と美斗の母親、
ハンガリー人。

荻原 透(おぎわら とおる)
羽美と美斗の父親。
テレビ局で人気バラエティー番組のプロデューサーをしている。
仕事が忙しく、家にあまり帰らない。

ばあちゃん
羽美と美斗の祖母。
良く食べる。
美斗が良い男で、じいさんにそっくりと言い張る。
美斗が羽美にキスする場面を見てしまうが、気を使って、気づかないふりをする。

樺島 優(かばしま すぐる)
美斗のマネージャー。

緒方 冬太(おがた とうた)
羽美の幼馴染の腐れ縁。

相沢 澪(あいざわ みお)
羽美の親友。
成績優秀で、良く羽美に宿題を写させている。

貴島 伶良(きしま れいら)
美斗と人気を2分する人気俳優。
羽美達の隣に引っ越して来て、羽美と同じ高校に通う。
自信家で口は悪いが、実は素の自分をだせず孤独を感じている。
歌は下手。

羽美のおば
芸能事務所・アダムスを経営しており、美斗を芸能界に引っ張り込んだ張本人。

大沼
伶良のマネージャー。
伶良から大沼ちゃんと呼ばれる。

関連記事
純愛ラビリンス–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)解説

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的