文学処女(漫画) – Wikipedia的解説

   


文学処女(漫画) – Wikipedia的解説

『文学処女(漫画) 』は中野まや花による日本の漫画。
LINEマンガにて連載

スポンサードリンク

概要

恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。

物語

出版社の文芸編集部で編集者をしている月白 鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。
しかし、ひとまわり以上も年上の人気小説家・加賀屋 朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していく。

スポンサードリンク

登場人物

月白 鹿子(つきしろ かのこ)
本作の主人公。26歳。
緑泉社・文芸編集部の編集者。だが、これまで目ぼしいヒットはない。
幼いころに近所のお姉さんに褒められたことから、かつては自身も作家を目指していた。
本に夢中な人生だったので、恋愛経験ゼロ。
中学の頃に父親が他界しており、母親が働いて育ててくれた。そのため、家事は一通りできる。

加賀屋 朔(かがや)
鹿子が担当することになった人気ミステリー作家。39歳。
顔が良く、それを売りに本を出している。
新作の度に付き合う女性を変え、その女性をモデルにして本を書く。
そして、本が出版されれば関係が終わるという噂がある。
担当編集者はただの雑用係と思っている。
人気作家ではあるが少しずつ部数は落ちており、中身より名前で売れている。
甘党でスイーツが好き。逆に懐かれるが、動物は苦手。

望月 千広
鹿子と同期の編集者。
仕事ができ、担当してる作家が重版になることも多い。
鹿子に好意を持っており、何かと心配をする。
ビジュアルが良く、昔から女性にモテる。
家族が女系家族だったこともあり、昔から人(特に女性)の欲しい言葉は察することができた。
高校時代はバスケ部でキャプテン。

三島
緑泉社の編集長。
鹿子や望月の上司。
鹿子に加賀屋に深入りしないように忠告する。

有明 光稀(ありあけ みつき)
鹿子のライバル会社・赤文社の加賀屋の担当編集者。
一度寝たら関係が終わると噂される加賀屋だが、赤文社だけはシリーズ物を連載している。
実は加賀屋とは大学の文芸サークルで一緒だった間柄。

その他

作者の中野まや花のアカウント・ブログは下記になります。
※アカウントが変更・中止になっている場合があります。

https://twitter.com/maninyan
http://ameblo.jp/suinyann/

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的