×一(バツイチ)愛を探して(漫画) – Wikipedia的解説

      2017/01/14


×一(バツイチ)愛を探して(漫画) – Wikipedia的解説

『×一(バツイチ)愛を探して(漫画) 』は国友やすゆきによる日本の漫画。
週刊ポストにて連載

スポンサードリンク

概要

「『週刊ポスト』の1番バッターを目指す」というコンセプトで始まった作品。
大人の恋愛を描いた恋愛漫画で、実は国会議員にファンが多い。

物語

初恋の人とたった一度、一夜を共にしたために妻と離婚するはめになった洋介。
だが、そんな彼が一回り以上も若い部下の女性とイイ関係に。
実はその女性・真由には婚約者がいたのだが、なぜか彼氏はセックスの求めに応じず、洋介に「私を女にして」と衝撃の告白。

スポンサードリンク

登場人物

三田村 洋介
本作の主人公。37歳。機械部品メーカー勤務。
初恋の相手と一夜を共にしたことにより、妻の秀子と離婚してバツイチになる。
その後、部下の真由と関係を持つ。
秀子とは共働きということもあり、もともと上手くいっていなかった。
結婚して5年になるが、1年以上夜の生活をしていない。

篠崎 奈津江
洋介の初恋の相手。
今は結婚して太田になっている。
同窓会の幹事をし、その夜洋介と関係を持つ。
当初は満たされない結婚生活なのかと思われたが、実は恵まれた結婚生活を送っている。

木下 真由
洋介の部下。
婚約者がおるが、その彼氏は求めに応じず、洋介と関係を持つ。
洋介が初めての男。

市原 秀子
洋介の元妻。ギャラリー勤務。
結婚生活時は洋介とすれ違いが多く、一緒に下着を洗濯したくないなど避けていた。
実は以前から洋介が浮気していると勘違いし、それで洋介を避けていた。
ただ、その勘違いが現実の物となってしまい、離婚を決意。
ただ、洋介の誠実な行動を見て、友人から寄りを戻す様に薦められる。

西野 修
真由の婚約者。なぜか彼女を抱こうとしない。
実は早くいってしまう事に悩んでいる。

吉村
洋介の上司。いわゆるセクハラ課長。
仕事の結果が出ず、洋介を疎ましく思っている。

坂田
洋介の友人で税理士。風俗好き

黒木 涼子
洋介の取引先会社・マルマル工業の課長であるキャリアウーマン。28歳バツイチ。
洋介を誘惑し関係を持つが、夜の友達として洋介を見ている。

高井
秀子に言い寄る男。

水野 麗
洋介がネットで知り合い、関係を持った女性。
その後、派遣社員として洋介の会社にくる。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的