少女ペット(漫画)–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)・正体解説

      2017/01/15


スポンサードリンク

関連記事
少女ペット- Wikipedia的解説

ネタバレ


植物状態から目覚めた川嶋は、当初は虚人の事が思い出せないでいた。
しかし、川嶋の面倒を見る黒瀧を虚人が殺害したことにより、自分が虚人に殺されかけたことを思い出す。
川嶋はあの日、新宮に別れを告げられ自殺をしようとしていた。
それを見た虚人が川嶋の首を絞め、植物状態になったのであった。そして、新宮はそれを陰から見ていた。
虚人は自分の願いは、川嶋をなじられながら、川嶋を犯し、死にたい川嶋を殺すことだと語った。
今は死を恐れる様になった川嶋だが、両親を始め誰も自分に関心がないと気づいており、虚人の一生を自分に捧げる様に命令する。
そして、少女ペット・咲姫の存在をしり、そのペットの殺害も虚人に命令する。

そんな時、刑事の稲生は虚人の調査と称して、みぃこの元を訪れる。
それはあくまで仮の名目で、稲生の目的は失踪した息子の手がかりであるみぃこに接触することであった。
稲生が問い詰めると、みぃこは稲生の息子を殺し、亡骸を食べたことを告白。
みぃこは稲生の息子を食べて以来、ネットの掲示板で出会った家出少女を殺害し、食人を繰り返していたのであった。
みぃこは稲生をその場で殺害。
そして、虚人を探す手がかりとして、新宮の所から脱走し、ペットフードを奪って生活している少女ペット・咲姫に接触。
咲姫が虚人の居場所を知らないとわかると、家で監禁をする。

少女ペット・咲姫を殺害しようと虚人は新宮の所を訪れた。
(虚人は少女ペット・咲姫を新宮の所に預けており、そこから咲姫が脱走して、ペットフードを奪っていた事を知らない)
そこには少女ペット・咲姫と同じ形をし、同じ記憶を持った少女ペットが何体もいた。
それに我慢の限界を超えた虚人は、新宮に刃物を向け殺害しようとする。
必死に逃げ惑う新宮を追い詰める虚人だったが、殺す直前にみぃこに薬を打たれ気絶してしまう。
そして、みぃこは新宮が虚人を構うのは虚人が好きだからだと告げ、虚人を連れて去っていく。
ボロボロになった新宮は大澤だけが頼りと泣きつくが、大澤が支配する喜びに目覚め、新宮は大澤の犬になる。

スポンサードリンク

みぃこに連れ去られた虚人は家で、監禁されている少女ペット・咲姫を見つける。
虚人の事も監禁したみぃこはここで愛を育むと宣言。
加えて、目や手足は要らないよねと削ごうとする。
それを見た、咲姫は自分の手を潰し、鎖から抜け出して、キヨトを助ける。
咲姫と取っ組み合いになったみぃこは、そのダメージにより流産。そのショックで、発狂してしまう。
そして、咲姫は最後に虚人に感謝を述べて飛び降り自殺を図った。

後日談


その後、虚人は警察に身柄を確保され、川嶋はまた一人ぼっちになり、物語を終える。

やっぱり絵もあった方が良い!
自分の目で最後まで知りたい!
という方は、こちらから作品を探すのがオススメです。
作品や時期によっては、無料・割引で読めることもあります。

少しだけ感想


読み終わった後、自分では???が沢山浮かんでおります。
頭の良い人には分かるのかもしれませんが、自分にはさっぱりです。
なので、文章を読んでも意味不明な所が多いと思いますが、許して下さい。

スポンサードリンク

関連記事
少女ペット- Wikipedia的解説

 - 漫画wiki的