蟻地獄(漫画)- Wikipedia的解説

   


蟻地獄(漫画)

『蟻地獄』は原作・板倉俊之、作画・武村勇治による日本の漫画。

スポンサードリンク

関連記事
蟻地獄(漫画)–完全ネタバレ・結末解説
トリガー(漫画)–完全ネタバレ・結末解説
トリガー(漫画)- Wikipedia的解説

概要

お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之が手がけた2作目の小説の漫画化。
前作のトリガーに引き続き、武村勇治が作画を担当。
主人公・二村孝次郎は幼馴染の修平とともに裏カジノでの儲け話を画策するが。。。

物語

主人公・二村孝次郎は幼馴染の修平とともに裏カジノでの儲け話を画策するが、イカサマがバレて、裏カジノのオーナーでインテリヤクザのカシワギに修平を人質に取られる。
5日後の6時23分までに300万円を支払わなければ、修平が捌いて売られてしまう。
孝次郎は何とか金を作ろうと画策するが。。。

スポンサードリンク

登場人物

二村孝次郎
本作の主人公。無職の少年。
無職ではあるが、金を稼ぎ、実家に金を入れ続けている。

修平
孝次郎の仲間。
孝次郎とは小学生の頃からの付き合いで、お互いに気が合う。

杉田
パチンコ屋で知り合い、孝次郎達とイカサマ仲間になる。
だが、孝次郎達を裏切り、店側にイカサマを密告していた。

カシワギ
裏カジノの責任者で、インテリヤクザ。
修平を人質に取り、孝次郎に300万円を用意させる。

クマザワ
カシワギの部下。
孝次郎達に暴力を加える。

新人ディーラー
女性のディーラー
孝次郎のイカサマのターゲットにされる。

スポンサードリンク

関連記事
蟻地獄(漫画)–完全ネタバレ・結末解説
トリガー(漫画)–完全ネタバレ・結末解説
トリガー(漫画)- Wikipedia的解説

 - 漫画wiki的