助太刀09–完全ネタバレ・結末(最終回ラスト)・正体解説

      2017/01/15


スポンサードリンク

ネタバレ


春や涼子の話から兄の優一が生きていると知った優二。
個人で私刑行っている知らされ、休みを使って兄探しを始める。
そして、優一の方も町で優二を見かけ、優二が死んだと言っていた師匠の織田が放火魔だったと思い、織田を襲撃をする。

しかし、本当は織田自身は偶然優二達の火事に出くわし、優一と優二を病院に運んだ。
優一が瀕死だと知り、優一を優二のドナーにしたが、優一は生きながらえた為、本当のことを言えず、お互いに兄弟は死んだと伝えていた。
そして、お互いが交わらぬように優一を法なき私刑人、優二を法の下の助太刀人として育てたのであった。

織田に大切な物を奪われたと思った優一は。今度は織田の大切な物を奪おうと処刑場を破壊しにかかる。
そして、その優一を止めようと優二は優一と対決をする。

二人の決闘は最終的に相打ちになり、優二は涼子に助けられ、優一は優二の前から去っていった。

スポンサードリンク

後日談


助太刀人に新人が配属され、そのうちの一人・轟が初の業務を行う。
それを見守る隊長になった優二が見守る所で、物語は終わる。

やっぱり絵もあった方が良い!
自分の目で最後まで知りたい!
という方は、こちらから作品を探すのがオススメです。
作品や時期によっては、無料・割引で読めることもあります。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的