ゾディアックゲーム(漫画)- Wikipedia的解説

   


ゾディアックゲーム(漫画)

『ゾディアックゲーム(漫画)』は真じろうによる日本の漫画。
月刊コミックブレイド、マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

平凡な日常の中、突如勃発した銃乱射事件。
巻き込まれ犠牲となった主人公・小岩英の前に現れた天使は生を取り戻す為に儀式に参加するよう告げる。
だがそれは、死よりも過酷な現実の幕開けだった。

物語

其処において
死者は生の陽光を求め
生者は死の安息を求める
其は即ち地獄である

スポンサードリンク

登場人物

小岩英(こいわ すぐる)
本作の主人公。
銃乱射事件に巻き込まれ死亡するが、儀式の参加者選ばれ、一時的に死が保留される。
ゾディアックはリーブラ。

用語

ゾディアック
プレーヤーの剣と盾になる存在。

ルール

・儀式の参加者はプレイヤーと呼ばれる
・儀式の期間は30日間
・プレイヤーには自らの剣と盾となるゾディアック一体と、自らの命となるガイドブックが与えられる
・0:00から夜明けまで「徘徊する者」と呼ばれる敵が現れるようになり、プレイヤーを襲う
・ゾディアックや徘徊する者はプレイヤー以外に見えない
・白紙のページは条件を満たす事で閲覧可能となる
・儀式で生き残るにはガイドブックを最大限に活用する必要がある
・ルールを破った者およびガイドブックを失った者は死亡が確定する

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的