地獄の教頭- Wikipedia的解説

   


地獄の教頭

『地獄の教頭』は大沼良太による日本の漫画。
ヤングガンガンにて連載。

スポンサードリンク

概要

近衛教頭が狂気的な覚悟を胸に、様々な問題に立ち向かう生き様を鮮烈に描いたハードボイルド学園ドラマ。
1話完結型で話は進んでいく。

物語

ごく普通の平和な学校に見える県立朱地高等学校だが、内情は不良教師、モンスターペアレントなど放っておけば重大な事件になりかねない問題が山積みであった。
そんな学校に新たに教頭として赴任した近衛修文。
学校にはびこる様々な問題を教育する。相手に地獄を味合わせてでも。

スポンサードリンク

登場人物

近衛修文
朱地高等学校の教頭。
雑務全般をこなしているので、生徒からは校務員と思われ、教頭としては記憶に残っていない。
問題解決への情熱は凄まじく、どんな手段を使ってでも教育(=解決)をする。
スーツの下はムキムキ。

溝口隆
時期外れに朱地高等学校に来ることになった体育教師。
実は親が元教育委員会であり、そのコネで勤務し始める。
勤務態度に問題があり、新藤教諭を襲おうとしたため、教頭の教育対象になる。
その後は改心し、教師の仕事を全うしようと努力する。

新藤加代
朱地高等学校で一番年下の女教師。
生徒想いで、生徒の笑顔を見るのが好き。
教頭を上司として尊敬していたが、ある日暴力で解決をする教頭を見て、そのあり方に疑問を抱く。

田島拓海
1年6組の大柄な生徒。
幼いころに笑われ続けたトラウマから、笑顔の人間を見ると暴力的になる。
近衛から暴力的指導を受け、自分に徐々に自分に打ち勝つようになる。

日高実代子
PTA会長。
会長就任後、保護者側の結束を高め、発言力を増した。
会費を自分の私利私欲の為に使っている。

園山のり子
PTA副会長。
日高の会費の使い方に疑問を持つ。

羽山優
1年3組の生徒。
親から虐待を受けている。

真壁
2年1組の生徒。
矢薙の紹介で女子高生売春などの斡旋をして派手に遊んでいたが、それにより周囲から避けられ、矢薙を更に頼る様になる。

矢薙
真壁を使い、女子高生売春など、ありとあらゆる手段で金を稼ぐ。
実は地元の国立大学を出ており、頭脳明晰。
真壁を助けた教頭に興味を抱く。

椎名正興
朱地高等学校に新たに赴任してきた副校長。
教頭の事を昔から知っている。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的