羊の木(漫画)- Wikipedia的解説

   


羊の木(漫画)

『羊の木(漫画)』は原作・山上たつひこ、漫画・いがらしみきおによる日本の漫画。全5巻。
イブニングにて連載。

スポンサードリンク

関連記事
羊の木(漫画)–完全ネタバレ・結末解説

概要

凶悪犯罪に手を染めた元受刑者達を受け入れた魚深市。
町で起こる不審な事件や住民と元受刑者の不協和音。
彼らの受け入れをきっかけに、町の日常が変化していく様子を描いた作品。

物語

とある日本の地方都市。名を魚深市という。
その町が、犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘プロジェクトの試行都市となる。
一般市民には何も知らせずに、元受刑者の過去を隠し転入させるこのプロジェクトの全容を知るのは市長とその友人月末、大塚の3人のみ。
移住するは、凶悪犯罪を犯した11人の元受刑者。
はたして、このプロジェクトの行方は!?

スポンサードリンク

登場人物

月末一(つきすえ はじめ)
仏壇店いづやの店主。
商店街振興組合の理事長。
鳥原・大塚と共に受刑者の管理をする。

鳥原秀太郎
魚深市の市長。月末とは友人
市の過疎対策、財政のために、受刑者の受け入れを決める。
月末・大塚と共に受刑者の管理をする。
祖先は江戸時代に流刑人に理解を示し、受け入れた鳥原源左衛門。
その末裔の秀太郎が市長をやっていることから、魚深市が今回のプロジェクトに選ばれた。
モデルは鳥越俊太郎か。

大塚武
大塚天宝堂の主人。月末・鳥原の友人。
町の名士。月末・鳥原と共に受刑者の管理をする。

頭陀袋穴助
情報誌発行人。
市長の周りを嗅ぎ回る。

三田村浩
法務省の役人で、今回の元受刑者受け入れの責任者。
何か隠し事がある。。。?

鳥原智子
鳥原秀太郎の一人娘。

元受刑者達


浜田保
職場で上司に叱責されたのを恨み刺殺。

大野克美
宅配業者を装い、家に上がり込み、強盗殺人を犯す。

武満義人
一度強姦で懲役15年の刑を受け、仮出所20分後に再び強姦に及ぶ。

村野孝
元花屋で、自分の店の客に投資話を持ち掛け、6800万円を集め逃亡。

杉山勝志
元グライダーの教官。
生徒の女子大生をハンマーで撲殺し、住んでいた部屋に火をつける。

宮腰一郎
妻に暴力をふるい離婚されると、義理の父親にも暴力をはたらき慰謝料を要求。

福井宏喜
遊ぶ金欲しさに、老人宅に侵入。
もみ合いになり、老人がテーブルの角に頭をぶつけ死亡してしまう。

入江行雄
覚せい剤中毒者。
現在は完全に治療済み。

寺田一義
幼少のころから、車上荒らし、万引きの常習犯。

太田理江子
愛人関係にあった男の8歳になる女児を誘拐し、ナイフで切りつける。

栗本清美
自分に暴力を振り続けた恋人を殺害。死体を遺棄した。

その他

錦戸亮主演で実写映画化が発表される。
公開は2018年予定。

スポンサードリンク

関連記事
羊の木(漫画)–完全ネタバレ・結末解説

 - 漫画wiki的