6000 ロクセン(漫画)- Wikipedia的解説

   


6000 ロクセン(漫画)

『6000 ロクセン』は小池 ノクトによる日本の漫画。全4巻。
マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

巨大海底プラントで起こった作業員全滅事故。
ここには絶対に何かがいる…。
暗闇と狂気に窒息する深海6000メートルの世界。
兄妹による漫画家ユニット・小池ノクトが描く、人類最新ホラー

物語

フィリピン海の巨大な居住型深海施設「コフディース」。
日本企業と中国企業の思惑が複雑に入り組んだこの施設で起こった、原因不明の作業員全滅事件。
それから3年後。
成り行きから事故調査メンバーの一員になった門倉健吾が海の底で見た光景は。

スポンサードリンク

登場人物

門倉健吾
ある日、勤めていた江古田工機が中国企業・上海巨星造船に買収されたが、先代の社長に拾われた恩からそのまま会社に残ることを選択をする。
何も聞かされぬままコフディースの調査メンバーとなる。

温強国(ウェンチャングオ)
上海巨星造船に勤務。
買収により、門倉の上司になった中国人。

壇崎(だんざき)
門倉同様、買収後も会社に残る選択をした一人。
江古田工機時代はトップ営業マンだった。
コフディースでの作業中に事故したと思われたが。。。

日下部美羽(くさかべみわ)
施設エンジニア。コフディースの復旧作業の技術責任者。
隠し事が多い、上海巨星造船に不満を持つ。

夏望(しあのぞみ)
ハーフ。コフディースにはプログラマーとして来る。
隠し事が多い、上海巨星造船に不満を持つ。

鮫島保(さめじまたもつ)
新皇重工に勤務。
コフディースの建造責任者。
隠し事が多い、上海巨星造船に不満を持つ。

ヘンリー・ハーシュバック
コフディースにいる学者。
他者を見下している。

用語

コフディース
居住型の深海施設。
水深6000mに位置し、最大居住人数は50人になる大型設備。

上海巨星造船
江古田工機を買収した中国企業。
コフディースの管理会社で、再稼働を目指している。
3年前の事故に関して、何か隠し事をしている。

新皇重工
コフディースのオーナー会社。

その他

2015年にハリウッドで実写化が始まると報道される。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的