大正ロマンチカ- Wikipedia的解説

   


大正ロマンチカ

『大正ロマンチカ』は小田原みづえによる日本の漫画。
ネクストFで連載中。

スポンサードリンク

概要

恋とアンティークが散りばめられた
大正風ロマンスファンタジー。

物語

時は大正。
父の形見を取り戻すために公爵邸を訪れた明。
そんな明を出迎えたのは、金髪碧眼で超美形な異国の公爵様!
明は、形見を譲ってもらうかわりに、公爵がアンティーク貿易の取引で日本にいる間、お嫁さん役をすることに。

スポンサードリンク

登場人物

 

滝川 明
天涯孤独の少女。
贋作家・滝川連の娘で、アンティークに詳しい。
父の形見を取り戻そうと、ランスウォル公爵の家に入り込む。

ランスウォル公爵
金髪碧眼のイケメン。
世界を股にかけるアンティーク貿易商。
紳士的な言葉・態度に女子たちは夢中。
贋作家・滝川連の作品を集めている。

佐伯 総二
修復師。伯爵子息。
ランスウォル公爵の貿易の仕事を手伝っている。

小川 早紀
伯爵令嬢。明の友人で相談相手。
身分違いの恋人がいる。

ロイ
公爵様の従弟。
大英国王子で第1王位継承者。

エリーゼ
佛蘭東王国(フランシーヌ)の第3皇女。
公爵様の国が決めたフィアンセ。
浅井 藤間
明を手に入れようとする謎の男。
滝川連の贋作に詳しい。

葉山
新聞記者。
ある事件を追っており、ランスウォル公爵に付きまとう。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的