オキテネムル- Wikipedia的解説

      2016/08/16


オキテネムル

『オキテネムル』は連打一人(れんだひとり)による日本の漫画。
アクションコミックにて連載。

スポンサードリンク

概要

特殊能力を使いながら事件を解決し、謎の組織を追うサスペンス物語。
各話の題名は全て漢字とカタカナで構成されている。
作者は王様ゲームの作画を担当した、連打一人。
絵柄が小畑健に似てるといわれる。

物語

突如、現れた謎の寄生生物。寄生した人間を奇妙でおぞましい姿に変化させ異常な行動をとらせるという…。
一方、高校生・カナタの通う学校では商店街で目撃されたという“人喰いキリン男”のウワサが広まっていた。
それは、想像を絶する惨劇の始まりだった。
謎の核心となる“オキテネムル”とは?
カナタは奇妙な戦いに身を投じることになる。

スポンサードリンク

あらすじ

寄生生物編(1-3巻)
突如、現れた謎の寄生生物。寄生した人間の頭部が動物に変化し、死に至るという。

ゴースト編(3-
ある日高校生のカップルが、ビルから落ちて死亡した。
その死亡直後の映像には何か分からない物、通称「ゴースト」が映っていた。
また、被害者たちは共通して、脳の性衝動を司る部分がごっそりなくなっていた。

登場人物

春末カナタ
高校2年生。オキテネムルの一人。
耳の穴に指を入れると超人的な視力で物を見れる。
その副作用で、急な睡魔や多量の汗が出たりする。
自分の能力について知るため、外部情報調査局に協力する。
超時空発電「ガチオン」のマニアで、成績は中の下。

西城 雫(しずく)
カナタのクラスメイト。

トキジ
カナタのクラスメイトで幼馴染。
カナタの能力を唯一知る人物。
雫に好意を抱いており、雫からはトッキーと呼ばれる。
寄生生物に感染してしまう。

シキ
外部情報調査局のエース捜査官。
リュミテリウス戦術記憶合金の義手を付けている。

野桜博士(のざくら)
外部情報調査局所属の科学者。

綾切 奏(あやぎり かなで)
外部情報調査局局長。シキの上司。

九条
外部情報調査局所属。

デビウス
シキが飼っている梟。

恵比寿
外部情報調査局所属。

八雲
外部情報調査局の科学主任。

栗田 健次(くりた けんじ)
カナタ達とは違う学校の北高の生徒。
寄生生物に感染し、頭部がキリンになり死亡した。
井上紗耶と付き合っていた。

井上 紗耶(いのうえ さや)
カナタ達と同じ学校に通う同級生。
栗田健次の彼女。
寄生生物に感染し、頭部がヘビになり死亡した。

武田 
事件の2日前に井上と肉体関係を持ってしまい、感染していないか怯える。

桃井あゆみ
井上と同じ部活動に所属。
井上経由で寄生生物に感染してしまう。

金田 秀隆
最初に寄生生物に感染した人物。
頭がニワトリになって、死亡した。

課長
謳主に所属する、未知の寄生生物を創った人物。
その目的は不明だが、シキの過去についても知っている様子。

竹下
謳主に所属し、課長を補佐する仕事をしている。

ヨミズ
謳主に所属。

雨野セツ
カナタ達のクラスに来た転校生。
背中に大きな傷がある。
元外部情報調査局のメンバー。
カナタと同じ様なオキテネムルの能力を持つが、それは人の手で作られたオキテネムルもどき。
カナタを兄様と呼ぶ。後にガイチューに復帰。

雨野秀一
元謳主の研究者。
細胞生物学の学者の権威であったため、謳主にセツを人質に取られて、協力をしていた。
セツを助けるため、自分を猫に移植した。

アス
元外部情報調査局のメンバーで、謳主に捕らわれていたセツを助け出す。
オキテネムルの一人。
その力を使いすぎて、死んでしまう。

用語

オキテネムル
カナタの様に超人的な能力を持つ人間の総称。
遠くを見れるだけでなく、特別な色を知覚出来たりなど、
脳が制限を掛けている人間が持つ能力を、限界まで使える。
反面、能力を使うと脳に深刻なダメージが蓄積し、いずれ死に至る。
国家の機密事項で、一般には知られていない存在。

外部情報調査局
難事件を専門に解決する、民間の警察組織。
超法規の逮捕権をも持つ。
周りからは略称と「害虫」を掛けて、ガイチューといわれる。

未知の寄生生物
人を宿主にし、オキテネムルを探すため、謳主に創り出された生物。
オキテネムルにたどり着くまで、次から次へと宿主を変える。
宿主を変えるとすると、元の宿主は変異をする。
空気感染はせず、唾液・粘膜・血液などから感染する。

謳主
知欲を追及するため、非合法な人体実験などを繰り返す組織。
特に、オキテネムルに執着している。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的