Dr.プリズナー- Wikipedia的解説

   


Dr.プリズナー

『Dr.プリズナー』は原作・石川小松、漫画・上田敦夫による日本の漫画。
少年マガジンにて連載。

スポンサードリンク

概要

極刑を科せられた囚人、生命を司る天才外科医。
相反する影と光を宿した、冬間零時の物語。
作画を担当する上田はかつて、レトリーバー・ハチ(マガジンspecial)を連載

物語

死刑囚でありながら、究極の耳と確かな医療技術を持つ冬間零時。
刑務所を脱獄し、警察から逃れながら、その手腕で訳ありの患者を助ける。

スポンサードリンク

登場人物

冬間 零時(ふゆま れいじ)
関東第六刑務所に収容されている死刑囚。
異常に良い耳により、相手と対峙しただけで、体調が手に取る様に分かる。
また、手錠をしたまま、髪の毛で縫合を行うなど常識外れの技術を持つ。
月島に手術をする代わりに、脱獄の手引きをする様に交渉をしてくる。
生粋の執刀快楽主義者で、多くの患者・手術を望んでいる。

月島
羽川総合病院の医者。
予定していた医師の代理として、関東第六刑務所に冬間の問診に来る。
過去に手術を失敗したトラウマがある模様。
スリーサイズは88-59-87。

真壁 真二(まかべ しんじ)
関東第六刑務所に収容されている。
国際テロ組織「自由の夜明け」のリーダーで爆弾魔。
仲間の手引きにより脱獄を企てる。

羽川 誠(はねかわ まこと)
羽川総合病院の院長。
病院を大きくするために、特殊患者を相手に手術する新事業立ち上げを目論み、
その担当として、脱獄中の冬間に任せる。

久我
冬間を追っている刑事。普段はやる気がないが、勘が鋭い。

用語

関東第六刑務所
軽犯罪者から死刑囚まで一か所に集めた日本最大の収監施設。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的