穴殺人- Wikipedia的解説

      2016/05/24


穴殺人

『穴殺人』は裸村(らーそん)による日本の漫画。
マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

自殺志願者と猟奇的殺人者が付き合い、愛を育む、異色のサスペンスラブストーリー。

裸村にとっては、初連載・初単行本作品。

単行本の1巻~5巻が第1章で、6巻~が第2章になっている。

物語

引きこもりである黒須越郎の日々の楽しみは、隣人である宮市莉央を覗くことであった。
ある日、いつも通り越郎が覗いていると、莉央が殺人をする所を目撃してしまう。
スポンサードリンク

登場人物

黒須 越郎(くろす えつろう)
浪人のプレッシャーから予備校を辞めてしまい、ライフラインが止まったことにより自殺を試みる。
その時に出来た穴から、隣人のを覗くこと唯一の楽しみとしていた。
莉央の本性を知ってからも、莉央の魅力に夢中。

宮市 莉央(みやいち りお)
黒須の隣人の大学生。(1巻では大学院という表記だが、2巻では大学になっている)
かなりの美人で、周囲に冷たく接するが、それでも誘いが絶えない。
実は犯罪者を殺す常習犯で、それを黒須に知られるが、自分を認める黒須と付き合う。
カープ女子。

山際
宮市と同じ大学に通う、黒須の高校時代の同級生。
莉央の殺人を目撃し、莉央に近づこうとするも殺される。

山際 春子
山際の妹。
自称サイコメトリーできるらしく、的中率は80%を越えるらしい。

延命寺 玲奈
女だが、男性器がついている。
莉央の殺人の死体を処理している。
死体を使って、アクセサリーや家具を作るデザイナー。
外出するとき以外は裸。

玲奈の運び班
死体を運ぶ仕事をしている。
力持ちだが、知力が足りず、脳筋と言われる。
ハイエナのマスクを被っている。

シュナイダー 純
莉央が関連している事件の担当刑事。階級は巡査。
父親がドイツ系アメリカ人。
色々な武道を嗜んでいる。

藤浦 かよ
結婚詐欺及び保険金殺人者。
毎回整形で顔を変え、男に好かれやすい行動を取る。
莉央の策略により、越郎をターゲットに選んだが、莉央にボコボコにされ警察に捕まる。
整形の際に施された榊の罠により死亡する。
本名は杉浦富士子。

宮市 毅
莉央の兄。
恋人を殺してしまった所を莉央に見られる。
罪の意識に耐え切れず、自殺をしようとし、莉央に殺してもらった。
莉央にとって、最初の殺人。

榊 光徳
元天才外科医。
理屈で殺人をし、殺人で人を操る。
越郎が自分以外で初めて殺意が芽生えた人物。

桐山 杏奈
出所後に越郎が就職した先で出会った女性。

その他

・マンがボックスで読む1話目~7話目は、規制により、初出の物より表現が大幅に抑えられている。

単行本や試し読みなどは、初出の表現になっている。

・キャラクター人気投票が行われた際の順位は

1位 宮市莉央
2位 延命寺玲奈
3位 藤浦かよ
4位 シュナイダー純
5位 ハイエナ
6位 黒須越郎
7位 山際春子

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的