かんかん橋をわたって – Wikipedia的解説

   


かんかん橋をわたって

『かんかん橋をわたって』は草野誼による日本の漫画。
本当にあった夫婦の体験談にて連載。

スポンサードリンク

概要

一見円満に見えた義家族との生活が、とんでもな姑バトルに。

物語

夫一家と同居の萌は、聡明な姑に憧れていたが、町の人から「あなたの姑は川東いちのおこんじょう(意地悪)」と聞かされる。
信じられない萌だったが、ある夜、恐るべき姑の行動を目撃してしまう。

スポンサードリンク

登場人物


カラッとしていて、図太い性格。
悪口を嫌い、周囲でも良い子だと評判。

渋沢 早菜男
萌の夫
物腰が柔らかく、萌の味方

不二子
萌の義理の母。
美人で、頭が良く、萌に気を使ってくれて、憧れていた。
しかし、本性は街一番の意地悪と言われており、萌が気付かないように、追い詰めていく。

初子
萌の義理の姉の一人。
30過ぎて、仕事も家事もしない。
実家に住んでいて、萌にネチネチと言う。

日出子
萌の義理の姉の一人。
お店をしていて、週の3日は給料を払わず、萌に店番をさせている。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的