タブーを犯した女たち~巣箱の中で~ – Wikipedia的解説

   


タブーを犯した女たち~巣箱の中で~

『タブーを犯した女たち~巣箱の中で~』は和田海里による日本の漫画。
「本当にあった女の波瀾万丈人生」(竹書房)にて連載。

スポンサードリンク

概要

私とって、息子が一番。息子さえいれば、それでいいの…それはない!!
息子に対する行き過ぎた愛情とは!?

物語

利恵子の友人・直美と、直美の息子・直人はとても仲の良い夫婦。

ただ、それは仲の良さをどんどん超えていく。
スポンサードリンク

登場人物

直美
なかなか子供ができず、7年の不妊治療により、ついに子を授かる。
息子の直人を溺愛している。
直人は決して、マザコンではないと言い張る。

直人
直美の息子。
学校には行っているが、友人はおらず、休日も家に引きこもる。
学校の級友よりも、母親の方が良いと言う。

直美の夫
直人が成長してからは、家に帰らず、浮気をするようになった。
最終的に、直美と離婚する。

利恵子
直美の友人。
子供ができない時期は、直美に八つ当たりをされたりしたが、
今は仲良くなっている。
直美と直人の普通ではない関係に、戸惑っている。
スポンサードリンク

 - 漫画wiki的