でびるち – Wikipedia的解説

   


でびるち

『でびるち』、は、むすあきによる日本の漫画。
GANMA!(ガンマ)にて連載。

スポンサードリンク

概要

ダメダメな悪魔と男子高校生のラブコメディ。

物語

ある日、クラスで最も気になる存在・咲場夜見納(さくばよみな)の正体を知ってしまった、日野冬樹(ひのふゆき)。
二人の青春が今始まる。
スポンサードリンク

登場人物

日野 冬樹(ひの ふゆき)
燕子花(かきつばた)高校の2年。
恵美からはふーちゃんと呼ばれている。
左手にあざがあり、普段はそれを隠している。

咲場 夜見納(さくば よみな)
容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で男子の人気を集めている。
周りからはクールと思われているが、性格は天然。
実は人間と悪魔のハーフで、背中から羽が生えている。
悪魔の種類はサキュバスだが、下ネタが全くダメ。
幼いころ周囲から避けられた経験により、極度の人見知り。

相川 恵美(あいかわ えみ)
冬樹の幼馴染。ハンドボール部に所属している。

剛志
恵美からはつーちゃんと呼ばれている。
弟と妹がいて、冬樹によく面倒を見てもらっている。

縁寺 エル
風紀委員。
生徒一人一人に点数を付けている。
実は天使で、人間を悪魔から守るのが仕事。

ミカコ
風紀委員長。
縁寺と同じく天使で、天使名はミカエル。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的