ささひと – Wikipedia的解説

   


ささひと

『ささひと』、は、花月仁による日本の漫画。
別冊漫画ゴラク日本文芸社)にて連載。

スポンサードリンク

概要

愛くるしい姿を利用して、エロに突っ走る、動物エロ青春マンガ。

物語

「おんぎゃあ」と人間のような産声を上げて誕生したパンダの“ロンロン(牡)”。
6歳に成長したロンロンは、自らを人間であると話し、人権を得て、里親のもと人間の子供“鈴木笹人(男)”となる。
パンダの6歳は人間では15歳程度。
性春まっさかりの生活が始まるのであった。

スポンサードリンク

登場人物

鈴木笹人
6歳。
人間で言うと15歳で、中身はエロの塊。
赤ん坊パンダの頃の名はロンロン。
ジャイアントパンダ・マオマオの子供で、赤ん坊の頃から、人間の様な反応を見せる。
その為、国家間でも取り合いになる大人気になり、人権を与えるべきというデモが世界中で起きた。
最終的に自ら喋ることで人権を獲得。
一般公募で里親が鈴木家に決定し、鈴木笹人となる。
パンダ扱いされる事を嫌うが、エロの為ならパンダ扱いされるのを利用する。
中学生になり、中身が親父になってからはパイパイメンバーなる、巨乳集団グループを作る。

ひまり
6歳。
鈴木家の長女。
笹人をパンダ扱いして、怒られる。
恥ずかしがり屋。
当初はかんなの前では態度が変わる笹人に腹を立てる。

かんな
鈴木家の母。
グラマラスで、見掛けによらず、元体育会系。

あかり
笹人の同級生。

あかりの姉。
彼氏から貰った限定品の靴を飼い犬のマロンにに隠され、それを聞き出す事を笹人に依頼。

盗作騒動

2014年に作者の花月仁がtwitterで、同業者がささひとのアイディアを盗作したと告発。
ささひとのアイディアは以前より出来ており、その内容を話したところ、
その同業者が、IQが高く、猫が人権を持ったという話で連載を開始していた。。
漫画ゴラクは「盗作」とするも、立証が難しいと意見を示している。
その後、その同業者からは人を介して、謝罪したいとの意向をもらったとのこと。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的