本気のキスは契約違反 花嫁は一千万ドル I- Wikipedia的解説

   


本気のキスは契約違反 花嫁は一千万ドル I

『本気のキスは契約違反 花嫁は一千万ドル I』は、高山繭による日本の漫画。
ミシェル・セルマーの小説を漫画化。
『ハーレクイン』にて、連載。

スポンサードリンク

概要

失恋するたびに天才ショコラティエの親友ニックが作るスイーツに慰められてきたテリー。
30歳を目前に彼女は一大決心をした。

物語

理想の男性と結婚し、30歳までには赤ちゃんを産む――テリーはそんな人生の夢を描いていたが、恋は無残な失敗ばかり。
結婚はあきらめても、子供はどうしても欲しい。
だから人工授精を考えていると親友のニックに話したテリーは、彼の返答に唖然とした。
「それならぼくと結婚しないか? 子供が生まれたら別れればいい」イタリア系の魅惑的な容貌をもつニックは優しくて、しかも裕福だ。
彼が恋人をとっかえひっかえするのを見るのがつらすぎて、想いは胸に秘め、親友でいようと決めていた。
ニックの方も、祖父から1年以内に男児を作れば、1千万ドルが譲られるとされ、相手探しに必死になっていた。

スポンサードリンク

登場人物

テリー
本作の主人公。ウェブデザインの仕事で独立をしている。
彼氏と別れるたびに、ニックのデザートに癒されにくる。
毎回、プロポーズされる度に、逃げたくなり、別れてしまっている。
ただ、子供はほしく、精子バンクを利用することをニックに相談する

ニック
本名はニコラス・カロゼッリ。「カロゼッリの至宝」と呼ばれる天才ショコラティエ。
女遊びが激しい。
母を捨てた父を嫌悪し、結婚はしない主義であった。
しかし、祖父の出した条件により、事情が変わってくる。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的