兄とあんこの恋みくじ – Wikipedia的解説

   


兄とあんこの恋みくじ

『兄とあんこの恋みくじ』は、浜名杏による日本の漫画。
講談社の『BE・LOVE』(ビー・ラブ)にて連載。

スポンサードリンク

概要

親同士の再婚により、連れ子の兄が出来、一つ屋根の下で暮らすことになった。
電子書籍・女子コミのオリジナル作品として、掲載もされている。

物語

おひとりさまで絶賛幸せ探し中の安子(ヤスコ、29歳)。通称“あんこ”。
ある日友人に連れられて参加した合コンで出会った失礼な男と、大ゲンカをしてしまう。
もう二度と顔も見たくないと憤るあんこ。
しかし、その無礼男・貴匡(たかまさ、32歳)が、なんと父親の再婚相手の息子として現れて、
翌日から一つ屋根の下で暮らすことになった。

 

スポンサードリンク

登場人物

餅田 安子(もちだ やすこ)
本作の主人公。通称、あんこ。
勤務先から派遣切りにあい、現在父と二人暮らしの29歳。
彼氏も二股をかけられて振られ、運が悪いと思っている。

貴匡(たかまさ)
あんこの父親の再婚相手の連れ子。
あんこより3歳年上で、父親との挨拶前日に合コンであんこと偶然知り合う。
株で資産を1億円以上にして、会社を辞めた。
運が悪いのはただの言い訳だと考えている。スウェトが好き。

ジャンボ
あんこの友人。既婚者であんこの為に合コンを企画。

貴匡の母親
食べ物のことで、あんこと共感し、仲良くなる。
あんこの母親に関しても大切に思っている。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的