愚者の皮-チガヤ編- – Wikipedia的解説

   


愚者の皮-チガヤ編-

『愚者の皮-チガヤ編-』は、草野誼による日本の漫画。
ぶんか社コミックスの『ストーリーな女たち』にて連載。関連作品に愚者の皮がある。

スポンサードリンク

概要

血のつながらない兄たちによって大地主の醜い男に花嫁として売られたチガヤを待ち受けていたのは、
夫からの愛という名の束縛だった――!

物語

ある日、醜い大地主のセキに嫁いだ千茅。
千茅は夫の容姿など気にせず愛そうとするが、セキは自分への自信のなさからくる嫉妬で、
千茅を激しく束縛してしまう。

スポンサードリンク

登場人物

千茅(ちがや)
本作の主人公。暗所恐怖症と閉所恐怖症。
子供の頃に、貰われた血のつながらない8人の兄により、セキの元へ嫁に出される。
遠くを見るのが好き。

セキ
千茅が嫁ぐことになった、大地主。近郊一の醜男。
母親がセキを生んだことが原因により命を落とし、そのことで父親から激しい暴力を受ける。
それにより、顔中に傷ができ、血膿があふれている。
地元の人々からは厚い信頼を得ている。

千茅の兄
8人おり、全員同じ顔をしている。
遊ぶ金欲しさに、千茅を嫁に出す。
そして、セキにより千茅が綺麗になり始めると、千茅に手を出しにくる。

あよ
幼いころに別れた、千茅の姉。

メグリ
幼いころに別れた、千茅の妹。

刈萱
生まれつきに目が見えない、謎の人物。

 

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的