ビリオンドッグズ(漫画) – Wikipedia的解説

      2016/05/07


ビリオンドッグズ(漫画)

『ビリオンドッグズ』は、芹沢直樹(漫画)と金城宗幸(原作)による日本の漫画。
マンガ雑誌アプリ『マンガボックス』にて連載。

 

スポンサードリンク

概要

 

名門校に通う高校生、ヤクザ、政治家が30億を賭けて、命がけのゲームを繰り広げる。
原作・金城宗幸、漫画・芹沢直樹と共にメディア化作品を持つ、タッグでの作品となる。

物語

 

名門進学校に通う一抹学園の生徒会長・水沼一縷は、ある日、全校生徒の眼前で、生徒会副会長・火野叫助にナイフで刺される。
一命を取り留めた一縷は実は密かにある計画を実行しようとしていた。
その計画とは、市長である父親が持つ汚い選挙資金30億を強奪することであった。

 

スポンサードリンク

 

登場人物

 

水沼一縷(みずぬまいちる)
本作の主人公。高校学力No.1の一抹学園で生徒会長を務める。
容姿端麗で、秀才、人望もあり、女生徒からの人気も熱い。
叫助とのコンビでは情報収集や戦略を練るなど、コインの表の役割を担う。

火野叫助(ひのきょうすけ)
一抹学園の元生徒会副会長。
一縷を刺したが、それは二人の演技であり、30億円強奪の計画の一部。
武力行使などコインの裏の役割を担う。

唐沢
一抹学園の元生徒会書記。
一縷を刺した後、叫助に偶然会い、一縷には言わないから、街から逃げろと助言。
だが、それも全て、一縷と叫助の計画内の出来事だった。

 

小野寺綾葉
一縷の幼馴染。
一縷が苦手にしている相手。
可愛いが馬鹿なのが、玉に瑕。
母親はスナックを営んでいる。

水沼望
一縷の父親で、現市長。
ゆくゆくは国政進出を狙っており、その為の資金作りに暴力団と繋がりがある。

篠原泰平
資金の在りかを知る鍵男。
望の元秘書で、今は一縷の母親の不倫相手。

スポンサードリンク

 - 漫画wiki的