ぶんぐりころころ- Wikipedia的解説

   


ぶんぐりころころ

『ぶんぐりころころ』は安藤正基による日本の漫画。
マンガボックスにて連載。

スポンサードリンク

概要

作者曰く「御曹司のお兄さんが女子高生の紹介する文房具に、ひたすら驚くだけの漫画」

物語

デジタルメディアの発達により、文房具の姿は少しずつ鳴りを潜めていった。

スポンサードリンク

登場人物

柿心地さらら(かきごこち さらら)
かきごこち文具店を切り盛りする少女。
先端カンパニーの立ち退き要求に応じない。
文房具の知識、情熱は凄まじい物がある。

先端テクノ(さきばし てくの)
テーマパーク建設の為、かきごこち文具店に立ち退きを求めるお兄さん。
先端カンパニーの御曹司であり、機械と育ったので、文房具の知識が皆無。
リアクションとツッコミを担当。

紹介された文房具

フリクション
パイロット社から発売されている、通称「消えるボールペン」

ハリナックス
コクヨ社から発売されている、針がないホッチキス。
また、穴が空かない、ハリナックスプレスも紹介されている。

 - 漫画wiki的